万が一鍵を無くした場合どうしますか。

生活していく上で鍵は必要なの物です。一般によく使われている鍵とは、家の鍵。自動車の鍵。自転車、会社や倉庫のカギ、ロッカーのカギなど。1人が持っている鍵の数は、おそらく2本以上は持っているかもしれません。そんな鍵をもし無くした場合どうしますか。ましては会社のカギなどは、早急に上司に連絡や警察に連絡するなどするはずです。では、自宅の場合は、どうでしょうか。必死に探して、あせりますよね。でもそういった時は、身内が持っているのか尋ねたりします。それでも無ければ大家さんに開けて貰う形です。賃貸ならこのような事が可能ですが、一軒家の場合は、実に困ります。誰もいないし、持っている相方が遠方など行ってしまっていたら、入るに入れない状態です。昔、小学生の頃に、カギッ子だった私が、鍵を無くした時がありました。でも中に入ることが出来たんです。それは、2階の窓はいつも開けたままにしているので、よじ登って中に入る事が出来ました。まだ子供だから許せるもの。大人がそのような事をしていたら、近所からどろぼうかと思われて、通報されてしまいます。そんなこともあるので、鍵は、お金の次に大事に保管していなければいけません。そのような対策の1つとして信頼出来る近くの友人などの預ける方法。実家に1本マスターを渡して置くなどの対策が必要かも知れません。最悪な場合は、鍵屋で開けて貰う形です。鍵屋さんは、家のカギを簡単に開けてしまいます。またその鍵穴と同じ鍵を作ってくれたりもしてくれます。便利なのは、いいのですがただ金額が高いと言う点が、それを仕方無いとして見るのかは、貴方次第です。そんな事のないように大事にしていたい物です。ちなみに、昔からある鍵は、鍵屋さんも簡単に開けられるのですが、デジタル式の物など高度な物は開けられない場合があるそうです。また同じく高度な鍵で、顔認識や指紋認識といった鍵が無くても身体が鍵としてみるものもあります。この場合、鍵をなくても心配ありませんが、かなり高価な物です。

コメントは受け付けていません。