鍵の複雑化における問題点と未来

現代において鍵の存在は大きな位置を占めています。所有者が居るということの証明にもなりますし、悪意に対して制限を与えるセキュリティにもなります。その根幹には、制限を課すことによる安全、と言うものがあり、決して不信というネガティブなものだけではありません。例えば、危険な物が安易に持ち出されるような場所にあれば不安を覚えます。そこで、鍵をかけることにより間違いが起きない状況を作ることができます。また、更衣室などのセクシャルな差やプライベートな場に置いても、鍵による施錠は安心感を与えてくれます。つまり、スペースを区切る、という点でも鍵は効果を発揮していると言えるでしょう。もちろん悪意あるものに対するセキュリティの為の鍵の必要性も忘れてはいけない問題です。技術が進歩しても悪意ある相手もその恩恵を預かるわけですから、非常に難しい問題です。むしろ、一番不便をこうむるようになったのは使用者かもしれません。安易な複製が出来なくなるほど複雑化してしまった場合、紛失による素早い対処ができなくなってしまいます。鍵のメーカーは常にそういった対処にも迫られてしまい、結果コストがかさんでしまう、という悪循環にもなりかねません。そう言った中で今注目を浴びている鍵が生体認証鍵です。物質的な鍵では奪われてしまえば、他人が使用できる可能性が高くなってしまいますが、本人の生体情報を鍵という形で使用できるようになれば安易に奪われることも少なく、優秀と言えるでしょう。しかし、複製に成功されてしまえば生体情報自体を変更するのは非常に難しく、一生安全性を得られない可能性も出てきてしまう為、物質的な鍵との併用が現在主流な使い方をされています。まだ若い技術の為、様々な欠点も指摘されていますが、生体認証鍵と言うのは個人が持ちうる最大の証明方法であり、物理的に欠損でもしない限り失う事も無いものです。画期的な技術ではありますので、技術が完成に近づいていくことを願ってやみません。

コメントは受け付けていません。